Skip to content

 いよいよ本格的な夏が近づいてきました。気象庁によると、今年の夏もほぼ全国的に気温は高めとなるとのことです。全原発が停止している今、大幅な節電が求められる長くて暑い夏になりそうです。
 暑い時期は体力の消耗が激しいため、栄養バランスのよい食事をとることが何よりも大切です。冷たくて口当たりのよい麺類ばかりでは、体力が落ちて夏バテしてしまいます。
 夏にはやっぱりトマト、キュウリ、ナス、ピーマンなどの夏野菜が一番です。これらの野菜にはビタミン、ミネラル、カロテン、カリウムがたくさん入っていて、血圧を下げたり、体を冷ましたり、体調を整えてくれたりします。
これらをたくさん食べることが夏バテ防止になりますが、食欲が低下しているときはどうしたらよいでしょうか。
 そこで強い味方となるのが旬の夏野菜とスパイスをたっぷり使ったカレーです。スパイスには発汗、消化促進、抗酸化作用があり、胃腸の働きをよくし、食欲を増進させて疲労回復の効果が期待できます。殺菌作用もあり、カレーには暑い夏を乗り切るための秘密がいっぱいあります。
 そういえば暑くなるとカレーが食べたくなりますよね。海水浴場で食べるカレーも何とも言えず美味しいですよね。この夏はやっぱりカレーですね!
注)決してカレー屋さんからいくらか貰っているわけではありません。

Scroll To Top