Skip to content

 新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

 さて唐突ですが、皆さんは「今年の干支は?」と聞かれた時、何と答えますか? 正解は「丙申(ひのえさる)」です。
「干支」とは、正確には「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」の組合せなので、2016年の場合は「丙申」が正しい言い方なのです。
 では「丙申」とはどういう年なのでしょう。「丙」には「明るい」という意味があります。「申(猿)」はご存知の通り、「利口と好奇心の象徴」です。
 つまり、明るい気持ちで知恵を働かせれば順調にいく、何事も楽しく考えましょう!ということではないでしょうか? 今年1年、こういう気持ちで過ごしていきたいものです。ただ所説は色々あるみたいなので、一例として参考にしてみて下さいね。
 因みに、申年に縁起の良いものとしては「赤い下着」があるそうです。「申年に赤いパンツを履くと、歳をとっても下の世話をしてもらわなくても自分で出来るようになる」との言い伝えもあるみたいですので是非ご検討下さい。
 赤い色は気持ちを奮い立たせます。今年も昨年以上に熱い気持ちで仕事に励みたいと思いますので、また今年も商を宜しくお願い致します。

Scroll To Top