Skip to content

本日5月14日に、ここ茨城県は『新型コロナウイルスの緊急事態宣言』が解除されました。これにより私たちの行動はどう変わるのでしょうか?

希望が少し見えてきたのは事実ですが、隣接する県にはまだ解除に至っていない所もありますので、しばらくは今までと同じような自粛状態が必要でしょう。

しかし、緊急事態宣言の最中であっても、パチンコ店に列をなして並んでいる人や、わざわざ混雑している商店街に行く人の映像を見て、何とも言えない憤りを覚えるのは私だけではないでしょう。

彼ら彼女らの言い分はこうです。「家にずっと居るとストレスが溜まるから」「すること無くて暇だから」「お店がかわいそうなので協力している」「自分はコロナにはうつらないと思う」等々、どう考えても自分勝手で同意できない理由ばかりです。誰かが言っていました。「子供だって我慢しているのに、いい大人が情けない」まさにその通りだと思います。

人は何かしら予想もしなかった状況になったとき、その人の本質が見えてきます。自分は素晴らしい人間だとは決して思いませんが、少なくとも子供達に対して恥ずかしくない行動が取れる大人でいたいと思いました。

Scroll To Top