Skip to content

- 3月11日 午後2時46分 -
 あの日のあの時刻から一年が過ぎました。被災された方々の心情をお察しすると共に、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 あの震災がもたらしたものは、被災者の数、被害総額などあまりにも大きく、更に原発事故が誘発され、その復興には一年経った今日でも程遠いものがあります。
 その中で私たちが強く感じたのはやはり人の『絆』だったと思います。お互いに助け合い、励まし合い、私たちは乗り越えてきました。世界各地からの支援の輪も広がり、たくさんの義援金等のかたちで手が差し延べられました。まだまだ不自由な生活を強いられている方もたくさんいらっしゃいますが、人と人との強い『絆』で、きっといつの日か乗り越えられると信じています。

 この一年間、全ての日本人が様々な形でこの震災を経験し、考え、そして行動してきました。それは今後も風化させることなくずっと続けなくてはならないものです。
 私たちも社会のお役に立てられるよう、今まで以上に頑張っていきます!

Scroll To Top