Skip to content

 いよいよ4月を迎え、新入生、新社会人にとっては新しい環境での生活が始まっている事と思います。これを書いている今、桜の花もそんな門出を祝福しているかのように咲き誇っています。
 水戸の偕楽園では、梅が散った頃に咲き始める「寒緋桜」が、開花が遅れた梅と同時に咲き、とても珍しく見ごたえのある光景だったそうです。せっかくの素晴らしい景色を見逃してしまったことを少し後悔していますが、今週末は桜前線を追いかけながら、ちょっと北の方に行って桜見物しようと思っています。
 個人的にはそんなに花に興味があるわけでも詳しいわけでもありませんが、満開の桜の桃色や、見渡す限りの菜の花の黄色、藤棚の紫は本当にきれいだと思いますし、心が洗われるような気になります。
 私たちがお客様に届けられるのは、色とりどりのマットであり、真っ白な便器です。満開の桜にはかないませんが、これらを届けることで、お客様の心がほんの少しでも洗われれば、こんな素敵なことはありません。そんな仕事ができる様、これからも頑張っていきます。

Scroll To Top