Skip to content

 
 今年も気付けば落ち葉が風に舞う季節となりました。めっきり日脚も短くなり、冬がすぐそこまで来ているような今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 さて、今年はどこに紅葉(モミジ)狩りに行こうかと考えていて、ふと思いました。紅葉(コウヨウ)と紅葉(モミジ)の違いは何かと。
 紅葉(コウヨウ)とは、秋に野山の木々が冬に備えて落葉する前に紅や黄色に葉の色が変わった状態を言います。
 紅葉(モミジ)というのは紅葉(コウヨウ)の中でひときわ紅色が目立つ、カエデの仲間を総称していいます。植物学的にはモミジもカエデもカエデと言い、分類上モミジという科や属はないそうです。一般的にはカエデの中で葉の切れ込みが深い、人の手を広げた形の葉を代表してモミジと呼ぶようになったそうです。
因みに、カエデの語源は「蛙の手→かえるで」から転じたとの事。モミジの語源は、紅花から染料を揉み出す「もみずる」からきているとの事です。調べてみると面白いことが分かりますね。
 みなさんもこんなことを考えながら、リフレッシュするために週末の紅葉(モミジ)狩りを楽しんでみてはいかがですか?
※ 写真は会社の前の紅葉です。きれいですが毎朝の落ち葉掃除が日課となっています…

Scroll To Top