Skip to content

 
 ちまたではノロウイルスが猛威をふるっています。ここでは家庭で簡単にできる、ペットボトルを使った消毒液の作り方をご紹介します。

■便や嘔吐物が付着した床、衣類、トイレなどの消毒をする場合・・・
  濃度が0.1%(1,000ppm)の消毒液を作ります。
■調理器具、直接手で触れる部分などの消毒をする場合・・・
  濃度が0.02%(200ppm)の消毒液を作ります。

 次亜塩素酸ナトリウムは、市販の「家庭用塩素系漂白剤」にも含まれています(濃度約5%)。コンビニやホームセンターで購入できます。
【注意点】
 ・金属製のじょうごはサビる恐れがありますので使用しないでください。
 ・使用するときは換気を十分に行ってください。
 ・有毒な塩素ガスが発生しますので、酸性のもの(トイレ用洗剤に多い)と絶対に混ぜないでください。
 ・皮膚への刺激が強いので、直接触れないようビニール手袋などを使用してください。
 ・皮膚に付着した場合は、直ちに大量の水で十分洗い流してください。
 ・目に入った場合は、直ちに大量の水で十分洗い流し、医師の診断を受けてください。
※間違って飲まないよう、「飲料不可」等の表示をして乳幼児の手の届かない場所に保管してください。

Scroll To Top