Skip to content

 近年、ノロウイルスによる冬季の食中毒が問題になっています。数字の上でも、食中毒患者数の30%以上はノロウイルスが原因とされています。

 ノロウイルスに感染すると下痢や嘔吐を引き起こし、乳幼児やお年寄りでは重篤な症状になるケースも報告されています。では、ノロウイルスから身を守るにはどうすればよいのでしょうか?

【予防法】 トイレに入った後や食事の前には必ず手を洗う。感染者の便や嘔吐物を処理した後は、念入りに手洗い、うがいをする。

手を洗った後に使用するタオルは清潔なものを使う。また、感染者とのタオルの共用は避ける。

感染者の便や嘔吐物を処理する際は、使い捨てできる大き目のエプロンと、使い捨てのマスク、ビニール手袋を着用して行う。また、雑巾は使用後に消毒するか、ペーパータオルのように使い捨てができるものを使う。使用したバケツの消毒も忘れずに。

便や嘔吐物で汚れた場合、拭いただけではウイルスが残ってしまう。塩素系などの消毒液で消毒を。また、換気も行い、空気中のウイルスを外に出す。

 商の便座除菌クリーナーは、サッと一拭きするだけで、カンタンに除菌、消毒ができます。即効性のあるエタノールに、医療機関でもよく利用されている除菌剤「リバルス」を加えることで、より除菌効果が持続するように作られています。

 これにより、大腸菌やサルモネラ菌だけでなく、ノロウイルスやO-157に対しても高い除菌効果を発揮します。また、インフルエンザなどの感染予防にも有効です。

 予防はし過ぎるということはありません。本格的な冬が来る前に、ぜひご検討下さい!!

除菌クリーナーは、「あったらいいな」ではなく「ないとダメ」な商品なのです。

Scroll To Top