Skip to content

新年明けましておめでとうございます。
今年も皆様のおかげで無事に新しい年を迎えることができましたことを嬉しく思います。

私は昨年七月より社長に就任して半年がたち、社長として初めて新年を迎えたわけですが、『商を通じてお客様や社会のお役に立ちたい』という我社の理念を継承しつつ、また何か違った形で皆様をサポートできる様やっていく所存でございますので、一層のご支援ご厚情を賜ります様お願い申し上げます。

さて、日々私たちがお客様にサービスを提供したり、商品をご紹介したりといった仕事をしていく中で、『お客様のために』と一生懸命に動いたり話をしたりしています。これは本当に正しいのでしょうか?これは一歩間違えば単なる自己満足に陥ってしまいます。『お客様のため』とやっている事が、実際には全くお客様にとって満足されていない場合はないのでしょうか?
そこでこれからは『お客様の立場に立った』仕事をしていこうと思います。自分がお客様の立場になって考えると、本当に必要なものやサービスが見えてきます。お客様の立場、また、お客様のところに来店されるお客様の立場、その立場に立ってこそ本当に実のある仕事ができるのです。
商も創業三〇年を超えておりますが、これから先、四〇年、五〇年とやっていくためには、従業員にそういったことを教えていく必要があり、また、それでこそお客様に愛される存在になれるのだと考えます。

最後になりましたが、午年だけに本年が皆様方にとって幸せ駆けめぐる一年となりますことをお祈り申し上げて、私の年頭のご挨拶とさせて頂きたいと思います。

株式会社商
 代表取締役  佐藤 三一

Scroll To Top